【コンセプト】

ママの元気をチャージする~ママを丸ごと癒す助産師の鍼灸~

育児をしていると1日はあっという間。
ママのための “自分時間” って、なかなか取れないものですね。

時には「疲れたなぁ」「しんどいなぁ」ということがあっても、だましだましで過ごしてしまう。

自分は大丈夫と気づかぬふりしてそのままにしてしまうと、身体やココロが悲鳴をあげてしまう。
そんなママたちに多く出会いました。

 

私自身もその1人で、現在も2人の子育てをしていますが、助産師と言えども小さい頃は大変すぎて記憶のない時期もあります。
常にイライラして子どもを怒ってしまったり、不安に感じたり…
腰痛は常にお供状態で、時にはめまいが出たことも…

 

私の場合は鍼灸を施してくれる主人が傍にいたので、たくさん助けてもらいました。
施術中はぼ〜っとできて頭が空っぽになる。
終わった後はとても心地よい!
それだけではなくて、身体も楽になっている!
数日したら腰が痛くなくなってる!!
辛い症状がなくなれば、元気に活動できるし、笑顔も増えました。
「癒される “自分時間” って大切!」と感動したものです。


この感動をそのままで終わらせてはダメ!と助産師魂に火が付き、鍼灸師の資格を取得し、今に至ります。

「気持ちがいいですね~♪」のママの言葉と笑顔で、ママが ”自分時間” を使って癒される時間がいかに必要なのかを日々感じております。


また、東洋医学は予防医学でもあります。
予防する・早期対処することの大切さを実感することで、毎日のゆとりにつながります。
ママがHAPPYで過ごすためには、まずは身体が基本です。
鍼灸ケアはママにとって最高のケアのひとつ!と常々感じています。

 

身体のメンテナンスをしたい!と感じていても「どこに行けばいいの?」「どんなケアを受けたらいいの?」どう行動を起こしていいのか分からないママも多いと思います。
私も以前はどうアドバイスしようか迷っていましたが、今は自信をもって「はなそら助産院・鍼灸院においで」とお伝えできるようになりました。
私のミッションは「ママの元気をチャージする」です。
助産院でもあるので、育児や授乳、おっぱいのお手伝いもしております。

鍼灸院を併設している助産院ではありますが、鍼灸ケアなしで助産ケアのみ受けられます。

 

当院のロゴを見てみてください。
助産師の手・鍼灸師の手が描かれています。

両方の手を使って、二足のわらじを履いている私だからできる助産ケア・鍼灸ケアで「ママを丸ごと癒やす」場所となっています。

 

~救急箱のようにいつもそばで見守っています~
すぐに手当てが必要になったときは「救急箱!」と手に取ると思います。
身近にある救急箱はちょっとした安心にもつながりますよね。
ママたちにとって「そうだ!はなそら助産院・鍼灸院!」と思い出してもらえる存在になると嬉しいです。
ママの元気をチャージして、自己管理できる・元気に毎日を過ごせるママとなるよう、いっしょに伴奏していきます!


はなそら助産院・鍼灸院 名前の由来

はな→地・そら→天

 

*東洋医学は天と地の自然のバランスが整っていることが大切 → バランスよく整うとの想い

*はな・そらは自然界にはなくてはならないもの → 私という存在を必要としていただけるように

*花・空の自然は好きな方も多いはず → 好かれ頼られる存在に

*私の2人娘の名前 → 元気に育っているのでお子さまたちにもそうなってほしいとの想い

【プロフィール】

川合 悟子(かわい さとこ)

 

東京都出身チャキチャキの江戸っ子。
よく笑い・よく食べる!

「東京→北海道→千葉→大阪」と好きな時に好きな場所で過ごす行動派。

現在は大阪府東大阪市在住(大阪ではすでに3回引っ越し)

いずれは自然に囲まれた古民家に住みたいと密かに思っている。

 

♡ドライブ大好き(車の運転がとにかく好き。若い時は単車を乗り回す)

♡ディズニー大好き(年1回は必ず出没。ハロウィンは子の衣装作りに励む→今は恥ずかしいと着てくれない、私だとキャラ変になるといわれ禁止令)

 

高校の職業体験でお産に立ち合える幸運に!もちろん感動!助産師になる。

私の産前産後は次から次へとトラブルが出現、夫に鍼灸で改善してもらったことがきっかけで東洋医学に目覚め、鍼灸師となる。

主人の鍼灸院で産前産後ママのための鍼灸ケアを行う

2021年4月~『はなそら助産院・鍼灸院』として、助産ケアもできるようにリニューアル。