【お客様の声】

M.I様(東大阪市41歳)

施術名:産後の鍼灸(産後9ヶ月)

<施術前の悩みや症状>

 産後の授乳や赤ちゃんのお世話、上の子のお世話や家事などで、全身バキバキの状態でした。

特に肩と腰、あとは臨月の頃から足の付け根や足の裏が痛い状態が続いていました。

    元々、片頭痛持ちだったので、(妊娠中はほぼ起きなかったのですが)産後しばらくすると、徐々に頭痛が復活してきて、かといって薬は飲めずで、なかなかハードな状態でした。

 

<感想>

とにかく体が楽になりました。

さとこ先生にお灸で温めて頂いたり、鍼で刺激して頂くことで、体の緊張がほぐれ、呼吸も深くできるようになりました。

肩の痛みをほぐす、腰の痛みをほぐす、その一つをとっても、私の場合、すぐに頭痛が起きてしまうので、そちらにも配慮した施術をして頂けるので、とても助かっています。

 

院長先生には体の造り(というのでしょうか?)「こういう姿勢になっているから、ここが痛む。だからこうする方がよい」などとアドバイス頂き、そのことを意識して生活するよう心がけるようにしています。

 

施術の他にも、子育てや健康についての心配事などの相談にものってくださり、気持ちの面でもとても楽になりました。

 

とにもかくにも、さとこ先生と院長先生にお世話になれていなければ、こんなにも元気な高齢出産の産後を過ごせていないと思いますので、ただただ感謝しかありません。

 

<こんな人にオススメ>

なかなか自分のことに時間を割くことのできない、毎日動き続けておられるママさん達にお薦めしたいです!

 

とりわけ、周りに頼れるご家族、お友達のおられないママさんは、一日中家に篭り赤ちゃんのお世話をされておられるかと思います。

気づけば一日で話した相手は旦那さんだけ。

スーパーのレジで店員さんに「ありがとうございました」といってもらえただけでも感動する...そんな日々を送られている方も少なくないと思います。

体もしんどい、心もしんどい、とても大変だと思います。

そういうママさんにこそ、助産師さんであり先輩ママさんでもある、パワフルなさとこ先生に、体も心もほぐして貰ってほしいなと思います。



O.M様(東大阪市在住40代)

施術名:

妊活中→不妊鍼灸・レーザー治療

妊婦中鍼灸(14週〜)・逆子の灸(30週)

<施術前の悩みや症状>

不妊治療の専門医に4年以上通い、なかなかうまくいかず、一度妊娠しましたが8週で稽留流産となり、年齢的にも限界にきていました。

便秘、冷え性の症状もひどくて悩んでいました。

妊娠してからも、流産経験の不安があり、また初期に出血があって、切迫流産と診断されました。

 

<感想>

これが最後と思って受けた不妊治療で妊娠することができました。通っていた専門医でも、レーザー治療はありましたが、予約が非常に取りにくく、高額だったので、受けたことはありませんでした。こちらでは胚移植の日程に合わせて治療をして頂けて、とても有り難かったです。

冷えや便秘の症状も、当院での治療に加え、自宅でのお灸も継続して行い、随分改善しています。

妊娠してからも、初期から心配なことが尽きず、継続して施術を受けています。妊娠中は助産師さんの鍼灸ということで、いろいろと相談にのって頂いたり、アドバイスをもらえたり、安心して通わせてもらっています。

ご夫婦共に、とても親身になって施錠をして下さるので、心身共にリラックスして受けられます。

 

<こんな人にオススメ>

長年不妊治療を受けている方に、ぜひオススメしたいです。